開いた毛穴
誰でも一度は感じたことのある、毛穴の開き。お化粧・ファンデーションのノリも悪くなるし、肌もキレイに見えないので、悲しい悩みですよね。

そもそも毛穴ななぜ開いてしまうのでしょうか?また、その開いた毛穴を引き締める方法はあるのでしょうか?

そもそも毛穴の開く原因とは?

毛穴 原因
毛穴は何のために存在し、なぜ開いてしまうのか。その原因から理解していきましょう。

毛穴の役割

毛穴 役割
一見、いらないようにも感じてしまう毛穴ですが、実は皮膚にとって大切な役割を担っているのです。その役割を簡単に説明します。

  1. 皮脂を分泌することで保護膜を作り、外的刺激から肌内部を守る。(バリア機能と言います。)
  2. 皮脂分泌により、肌のpHを保ち、雑菌の増殖を防ぐ。
  3. 汗、皮脂の膜により、肌にうるおいを与える。
  4. 汗、皮脂の分泌と共に、老廃物を排出する。

これだけ大切な働きをしてくれています。そのため、毛穴がなくなったら、肌はもっと荒れてしまうかもしれませんね。

皮脂過剰

皮脂過剰
皮脂の分泌は肌にとってとても大切な役割をはたしていますが、過剰に分泌されてしまうと、毛穴の開き・肌トラブルの原因になります。

皮脂が過剰分泌してしまう要因としては2つあります。

  1. 肌内部が乾燥していて、それを補うために分泌される場合
  2. 気温の上昇に伴い、汗腺、皮脂腺が活発化し過剰に分泌される場合

両方の場合に言えることですが、皮脂が過剰に分泌されている時にあぶらとり紙は禁物です。

なぜなら、あぶらとり紙は皮脂を取りすぎてしまうため、足りなくなった皮脂がまた過剰に分泌されてしまいます。(特に鼻)

ティッシュで代用か、あぶらとり紙使用後はうるおい補給をしましょう。

たるみ

たるみ 毛穴 原因
本来、毛穴は丸い形をしています。しかし加齢により肌がたるむと、その形は涙型へと変化し、目立つようになります。

実際は開いているわけではなくても、開いているように見えてしまうのです。

乾燥

毛穴 乾燥
肌の乾燥は、毛穴にとって2つの悪い要因を引き起こします。

  1. 上記でも述べた、皮脂の過剰分泌
  2. 肌の乾燥は、キメの乱れとそのふっくら感を減少させる要因に

キメの溝に毛穴は存在するため、キメに元気がなくなると毛穴を引き締められなくなり、目立つようになります。

正しい毛穴の引き締め方法とは?

毛穴 引き締める方法
毛穴が開いてしまう原因がわかったところで、次にその毛穴を正しく引き締めていくケア方法をご紹介します。

洗顔の見直し

洗顔 正しい
暑い季節や汗をかいた日は特に洗顔が重要になります。皮脂分泌が過剰になっているため、肌はベタつき、汚れも付着しやすくなります。

そのため、しっかり汚れを落として、毛穴に汚れが詰まらないように対策しましょう。

また、朝は洗顔をしない方もいるかと思いますが、寝ている間に部屋のホコリが顔に付着するため、きちんと洗顔しましょう。

しかし、洗顔のしすぎは乾燥を引き起こす原因になるため、乾燥が気になる場合・敏感肌の方などは、洗顔料の泡をのせる程度で終わりにしましょう。

⇒「正しい洗顔方法」についての詳細はこちら♪

とにかく保湿

毛穴 保湿
皮脂が過剰に出ないためにも、キメを整えてあげるためにも、保湿が必要です。(乾燥肌など肌質に関係なく)

特に汗をかいた日は、汗と共に肌に必要な栄養素も出てしまっているので、スキンケアで補いましょう。

化粧水や収れん化粧水での引き締めケアが効果的ですよ。

⇒「収れん化粧水」ってなに?

エイジングケア、リフトアップケア

涙型の毛穴を作らせないためには、エイジングケアやリフトアップケアが必要になります。

ハリ・弾力成分であるコラーゲンやエラスチン配合のスキンケアや、それらをサポートしてくれる働きのあるスキンケアを選びましょう。

また、表情筋の衰えによっても肌はたるむので、表情筋を動かすストレッチもおすすめです。

忙しくてもできるケアってあるの?

忙しい オールインワンゲル スキンケア
ケアの方法はたくさんあり、様々な角度からケアしていくことが大切です。しかも、与えるケアだけでなく、落とすケアにも目を向けなくてはなりません。

しかし、忙しい方にとっては、乳液・クリーム・美容液・パックなどそんなにたくさんのケアを続けることは難しいかと思います。

少しでもステップを削れたら嬉しいですよね。

そこで、オールインワンゲル化粧品がおすすめになります。

オールインワンゲルで与えるケアを時短にし、落とすケアにも目を向けましょう。

時短でしっかりスキンケアしたい方へ!「メディプラスゲル」

メディプラス
価格 5.0
使用感 4.5
効果 4.6
最安値購入価格:
2,700円(税抜)
容量:
180g(約2ヶ月分)

商品詳細 公式ページ

ポイント


62種類の美容成分配合で、肌にしっかりうるおいを与えてくれます。さらにその成分の中には、ハリ・弾力の成分であるコラーゲンも配合されているため、リフトアップケアも可能です。

また、それらの美容成分を肌内部にしっかり浸透させるために、出雲玉造温泉水を使用しています。

毛穴ケアで気をつけるべきポイントとは?

最後に、毛穴を引き締めたい一心でやってしまいがちなNGケアをご紹介します。

冷水をかける

冷水 毛穴
「冷水洗顔」・・・たしかに冷水をかけると毛穴は引き締まりそうな感じはありますが、これはただ毛細血管を収縮させるだけで、毛穴引き締めの効果は望めません。

しかも、毛細血管が収縮すると、血行不良になり、栄養が肌に行き渡らなくなり、乾燥を引き起こす可能性もあります。

毛穴パックの過剰使用

毛穴パック 使いすぎると
毛穴の汚れを除去するために使用する毛穴パックですが、無理矢理毛穴を開かせてしまうため、汚れ(角栓)は取れたとしても毛穴の引き締めにはなりません。

さらに、はがす際に、肌表面の角層もはがれてしまうため、肌にもダメージを与えてしまいます。

2つとも毛穴引き締め・角栓ケアにはそこまで効果を期待できないことに加え、逆効果を産んでしまう恐れがあるので、注意しましょう。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

まとめ

いかがでしたでしょうか?毛穴が開いてしまう原因が理解できると、効果のあるケア、効果のないケアの区別がしやすくなりますよね。

また、毛穴引き締めには、与えるケアと落とすケアの両方が大切になります。

ぜひ両方のタイプのケアを見直してみてください。

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ