クマ 解消法
ちょっとしたことで目の下には簡単にクマができてしまいます。

しかもクマがあることで、疲れて見えたり、さらには老けて見えてしまうので、女性はなんとかしてクマを消したいものですよね。

そんなクマはそもそもなぜできてしまうのでしょうか?そして、その原因から、予防・解消法を探りましょう。

クマの種類とその原因とは?

一口に「クマ」と呼んでいますが、実はクマにも種類があり、それぞれ原因が違うのです。

自分のクマがどれなのか、チェックしてみてください。

目の構造

目の構造 クマ
目の周りにはたくさんの毛細血管があり、そこを血液が通ることで栄養や酸素が流れています。

そして、目の周りの皮膚はとても薄いため、乾燥や摩擦などの影響をとても受けやすく、色素沈着もしやすい部分でもあります。

また、目を守るためには、眼窩脂肪があり、これによってまぶたは支えられています。


http://www.skincare-univ.com/article/000043/
 (目の構造

青グマ

青クマ 対策
目の周りの毛細血管が血行不良を起こすことで青グマはできてしまいます。

なぜなら、目周りの皮膚は薄いため、血行が滞ると毛細血管が透けて見えるためです。

この血行不良は、

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 目の疲れ

によるものが主です。

また、パソコンやスマートフォンから出るブルーライトによっても、血行不良が引き起こされます。

茶グマ

茶クマ 原因 対策
色素沈着やシミによって茶グマはできてしまいます。

お化粧時、スキンケア時の摩擦やアイメイクの色素が残ることで、色素沈着を起こしてしまいます。

また、乾燥しやすい目周りの皮膚は、紫外線の影響も受けやすくシミもできやすいです。

黒グマ

黒クマ 対策 原因
目周りの脂肪の萎縮や皮膚、筋肉の緩みによりたるみができ、その影がクマとして現れるのが黒グマです。

これは加齢による要因が一番ですが、紫外線によってハリ・弾力の成分が破壊されることでもできます。

クマは無視してはいけない?!

クマ 無視すると
少し疲れが溜まっていいたり、スキンケアをちゃんと落とせない日が続くと、クマは悪化していきます。

初めは乾燥や血行不良による単純な青グマだったものが、気付いたら茶グマや黒グマに変化していたなんてこともあります。

青グマは基本的には、血行促進や保湿で改善がしやすいですが、茶グマや黒グマは時間がかかります。

また、茶グマでも、肌表面の色素沈着であれば改善が早いですが、シミに変わってからではなかなか難しいかと思います。

さらに、クマは何かの病気のサインである可能性もあります。

そのため、クマができてしまったら、すぐにセルフケアを始め、全く改善されないようであれば病院へ行った方が良いかもしれませんね。

クマの予防・解消法とは?

クマ 予防 解消法
クマの種類や原因を知ることで、予防・解消法も見つけやすくなります。それではいくつかその方法をご紹介します。

目周りのツボ押し

目 ツボ クマ
目が疲れたり、冷えなどで血行不良を起こしている場合には、ツボをマッサージして血行・血流を促進してあげましょう。

目のツボは、目を支えてる骨にあります。

目周り・目元の骨を優しく、内側(目頭)から外側(目尻)に向かって押します。その際に、眼球を押してしまわないように注意してください。

スプーンなどを使って優しく目元マッサージするのも、血流改善に効果的ですよ。

眼精疲労がひどい場合には、眉頭のあたりを少し痛いくらい押してあげると効果的です。

アイメイクリムーバーの使用

アイメイクリムーバー クマ
アイシャドーやアイライナーといったアイメイク品の色素は普通のクレンジングでは落ちません。

そのため、専用のアイメイクリムーバーを使い、色素まできちんと落としましょう。

保湿ケア

保湿ケア クマ
目周りの皮膚は薄いため、とても乾燥しやすいです。

顔・皮膚の乾燥はターンオーバー(肌の生まれ変わり)の乱れ、シワ・たるみ、血行不良を引き起こす原因となります。

そのため、目周りが乾燥すると、青グマ、茶グマ、黒グマの全てのタイプを引き起こしかねません。

くまができてからよりも、できる前からしっかり保湿しておくことが大切です。

美白ケア

美白ケア クマ
色素沈着やシミの茶グマには、美白ケアが一番効果的です。

美白効果のある成分が配合されたアイテムを選びましょう。

また、保湿やターンオーバーが正常に行われることで、美白効果は高まります。

エイジングケア

エイジングケア クマ
まぶたのたるみによってできてしまった黒グマは、ハリ・弾力のケアのエイジングケアをする必要があります。

コラーゲンなどのハリ・弾力に効果的な成分が配合されたものを選びましょう。

また、紫外線(メラニン色素)によってそれらの成分が破壊されないためにも、日焼け止めの使用は必須です。

全てのクマに対応したスキンケアとは?

クマ スキンケア
クマの種類や原因、そしてその解消法もわかりましたが、はっきり言って、それら全てを一気に解消したいですよね。

一つ一つに対応したスキンケアより、全てに対応した美容液・クリームなどがあるなら、その方が楽かと思います。

そこで、オールインワンゲル化粧品がおすすめになります。

美容成分が豊富に配合されているため、全てのクマに対応させることができますよ。

全てのクマに豊富な美容成分で対応!「メディプラスゲル」

メディプラス
価格 5.0
使用感 4.5
効果 4.6
最安値購入価格:
2,700円(税抜)
容量:
180g(約2ヶ月分)

商品詳細 公式ページ

ポイント


なんと62種類もの美容成分を配合。

そしてその中には、

  • 青グマに効果的なセラミド、ヒアルロン酸
  • 茶グマに効果的なビタミンC
  • 黒グマに効果的なコラーゲン

があります。

さらに、全てのクマに効果的なプラセンタまで配合されています。

そして、目周りの小さな細胞にも浸透しやすいように、出雲玉造温泉水を採用しています。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

まとめ

いかがでしたでしょうか?

クマと言っても種類があり、それによって原因も違ってきます。

メイクで隠せるからと放って置かずに、根本からの解消を目指しましょう。

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ