黒クマ メイク術
目の下が影のように暗くくすんだ印象に見える黒クマ、気になりませんか?

ファンデーションを重ねてもカバーできないし、どうやって隠したら良いかと悩んでいる方も多いかと思います。

それでは、どのようにメイクすれば目立たなくさせることができるのでしょうか?

また、黒クマの原因から、改善のためのケアもチェックしましょう。

黒クマの特徴、またその原因とは?

まずは、自分のクマが黒クマなのか確認してみてください。

そしてその原因も理解していきましょう。

黒クマの特徴を理解しよう!

黒クマ 特徴
黒クマの特徴をチェック方式で紹介していきます。

  • 若い頃より涙袋が大きくなった
  • ファンデーションが目の下で線になることがある
  • ファンデーションを重ねるとグレーっぽくなる
  • 上まぶたのくすみ感はそこまで気にならない
  • 顔全体のたるみも気になる

当てはまる数が少ない方でも、今回紹介するメイク術やお手入れ方法は効果的なので、参考にしてください。

また、まったく当てはまらなかった方でも、予防としてのお手入れも大切なので、覚えておいてください。

黒クマの原因とは?

黒クマ 原因
次に原因を理解していきましょう。原因を知ることで、普段の生活の中でも黒クマを作らせないように、注意することができますよ。

黒クマの原因は、簡単に言ってしまうと「加齢」です。

肌の中のハリ・弾力の成分であるコラーゲンやエラスチンが減少していくことで、肌はたるみます。

特に目周りの皮膚は薄いため、乾燥の影響も受けやすくたるみは顕著に現れやすいです。

また、筋肉の衰えによってもたるみは引き起こされます。そして、そのたるみにより目の下に影が生まれ、黒クマとなります。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

黒クマを目立たなくさせるメイク術を紹介♪

黒クマ メイクで隠す
黒クマを隠すために、ファンデーションをしっかり重ねてしまうという方も多いかと思いますが、実はその方法は逆効果なのです。

ファンデーションを厚塗りしすぎてしまうと、たるみでできた溝に溜まってしまい、余計にクマが目立ってしまいます。

ひどい場合だと、色素沈着・シミを起こしてしまう可能性もあります。

しかも、黒クマは強敵で、ファンデーションを重ねると、黒からグレーに変わるだけです。

それではどのよう解消方法があるのでしょうか。

そのポイントは「ハイライト」と「ピンク」です。

ハイライト

ハイライト クマ
ハイライトという言葉は聞いたことがあるかと思います。しかし実際にはどう使ったら良いか悩んでいる方もいますよね。

ハイライトとは、その名前の通り、明るさを与えるためのアイテムです。

黒クマはたるみによる影からできているので、その影を消す必要があります。

そしてハイライトでくまがカバーできる理由は2つです。

  1. ハイライトの明るい色がレフ板効果を果たしてくれる
  2. ハイライトには細かいラメが入っているものがほとんどなので、光で黒クマを飛ばすことができる

ハイライトは、チークと目の間にほんのり入れるのがポイントです。

入れすぎてしまうと、不自然になるので、自分でもわからないくらいで十分です。

ピンク

クマ アイシャドー ピンク
メイク品を選ぶ際は、オレンジ系もいいですが、ピンク系のものにしましょう。

上まぶたのくすみも気になるなら、アイシャドーはピンク系が良いです。

特にハイライトは、白を選んでしまうと黒と混ざってグレーに見えてしまいますが、ピンクだと血色を与えることができるので、カバーもしやすくなりますし、目元も自然に仕上がります。

また、ファンデーションにおいても、オークルやピンクオークルの赤味の強い色にすると、くすみ感がカバーできますよ。

黒クマ改善のためのお手入れ方法とは?

黒クマを改善するためには、いくつかのポイントがあります。

そして、おすすめのスキンケア・解消法も一緒にご紹介します。

筋肉の運動

顔 体操 クマ
目周りや顔のたるみは、表情筋の衰えにもよるので、

  • 顔を動かす
  • マッサージ
  • ツボ押し

などをすることで、普段あまり使わない筋肉もほぐしてあげましょう。

ちょっと人には見せられないような変な顔を色々してみてください(^^♪

保湿

保湿 黒クマ対策
コラーゲンやエラスチンの減少は、加齢だけでなく乾燥も関わってきます。

うるおった肌は、スキンケアの浸透もよく、血行・血流も良いため、肌全体にしっかり栄養が行き渡ります。

また、肌にうるおいがしっかりあると、コラーゲンやエラスチンを壊す紫外線の影響も受けにくくなるため、やはり解消には化粧水などで保湿が必要です。

エイジングケア

エイジングケア 黒クマ対策
保湿でコラーゲンやエラスチンのサポートをし、さらに直接コラーゲンやエラスチンを与えることができたら、より効果的です。

そのため、エイジングケアのできるスキンケアを選ぶこともおすすめです。

アイクリーム

アイクリーム クマ
目の周りの細胞は小さいため、美容成分はとても浸透しにくいです。

そのため、そんな小さな細胞にも浸透しやすい、アイクリームの使用もおすすめです。

オールインワンタイプ

クマ オールインワンジェル
たくさんの美容成分が配合されたオールインワンタイプは、様々な角度からクマにアプローチ・目元ケアをしてくれます。

いくつもの美容液やアイテムを使うと続ける自信がない方には、オールインワンタイプの化粧品がおすすめです。

老化の原因となる活性酸素を根本から除去!メディプラスゲルオールインワンジェル

メディプラス
価格 5.0
使用感 4.5
効果 4.6
最安値購入価格:
2,700円(税抜)
容量:
180g(約2ヶ月分)

商品詳細 公式ページ

ポイント


なんと62種類もの美容成分が配合!その中には、クマの対策法に有効で保湿に効果的なセラミド、ヒアルロン酸、ハリに効果的なコラーゲンが配合されています。

さらに、ビタミンCも配合なので、老化の原因となる活性酸素を除去してくれます。

また、出雲玉造温泉水を使用することで、細胞の小さな目周りにも浸透しやすいです。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

まとめ

黒クマをカバーするためには、ただ部分的に重ねて隠すのではなく、明るさを与えて飛ばすことがポイントです。

さらに、茶くま・青くまなどと同様に、根本からの改善・睡眠不足などの生活習慣の見直しも大切なので、合わせて試してみてください。

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ