青クマ 疲れ メイク術
クマの中でも一番できやすいのが、青クマです。ちょっとしたことで目の下に簡単にできてしまい、周囲にも疲れた印象を与えてしまいます。

そんな女性の悩みの元「青クマ」はメイクでカバーすることはできるのでしょうか?

そして、忙しい方でも、簡単に改善できる対策も紹介します(^^♪

疲労の合図?!青クマができる原因とは?

青クマ 原因
青クマの原因は一言で言うと「血行不良」です。

目の周りにはたくさんの毛細血管が存在し、そこを流れる血液によって酸素や栄養素は運ばれています。

しかし、血行不良の状態は、酸素の薄い黒ずんだ色の血液が流れ、さらに皮膚の薄い目周りは血管が透けて見えるので、青クマができてしまいます。

そして、その血行不良を引き起こす要因としては、

  • 乾燥
  • 眼精疲労
  • パソコン
  • スマートフォンから出るブルーライト
  • 睡眠不足などの生活習慣

などなど、理由として挙げられます。

つまり、青クマができているときは、自分でも気がつかないうちに、目はかなり疲れているのかもしれませんね。

そして、初めはクマだけだったのに、血行不良が続くことで、顔全体もくすんでしまう恐れがあります。

休みたくても休めない!応急処置のメイク術とは?

青クマを改善するためには、目も体もゆっくり休めてあげることが必要ですが、実際にはそんな時間がなかったり、とりあえずで良いからすぐにカバーしたいというのが本音ですよね。

それでは、青クマをカバーするためのメイクテクニックとはどんなものなのでしょう。

決め手はコンシーラーの色

青クマ コンシーラー
クマのカバーで思いつくのは、やはりコンシーラーかと思います。もちろんそれが正解ですし、一番効果的なカバー方法でもあります。

しかし、そのコンシーラーの色選びがとても重要で、色を失敗してしまうと、逆効果になってしまう恐れもあります。

そこで、色選びのポイントを2つご紹介します。

オレンジ系の色味を選ぶ

オレンジ系 コンシーラー 青クマ
まず、色はオレンジ系を選びましょう。

コンシーラーには、様々な色がありますが、青クマをカバーするためには、その反対色であるオレンジが効果的です。

しかしあまりにもオレンジ色が強いと不自然になってしまうので、自分の肌色(ファンデーション)に近いオレンジ系にしましょう。
色 
http://rock77.fc2web.com/ (色相環

明るすぎに注意

コンシーラー 明るすぎ 青クマ
目元のコンシーラーなので、ついつい明るい種類を選びがちですが、コンシーラーにはハイライトの役割はないため、明るい色のコンシーラーは不自然になってしまうだけです。

特に、青クマにはオレンジ系のコンシーラーが良いので、明るいオレンジなんて肌に合わないことは想像できますよね。

そのため、肌色(ファンデーション)と同じくらいの明るさのものを選ぶようにしましょう。

あくまでも応急処置であることを忘れないで!

コンシーラーでのカバーはあくまでも、疲れて見えないための応急処置にすぎません。

ただの青クマと思い放っておくと、色素沈着の茶クマ、たるみの黒クマへと変化してしまうかもしれません。

改善しやすい青クマのうちにしっかりお手入れしましょう。

青クマを根本から改善!そのお手入れ方法とは?

青クマの大きな原因が血行不良であることは、上記よりわかっていますよね。

つまり、青クマを解消法は、血行不良を改善すれば良いことになります。

それでは血行不良・血流の改善の解消方法をご紹介します。

保湿

保湿 青クマ
どんなお手入れからすれば良いか迷ったら、まずは保湿から始めましょう。

乾燥は血行不良に限らず、様々な肌トラブルを引き起こす原因となります。

特に、目周りの皮膚は薄く、他の部分と比べても乾燥しやすいため、とにかく保湿が重要になります。

ホットタオルで温める

タオルを温めて目もと・まぶたに当てる治療法です。

この治療は青クマ以外も黒くま・茶グマなど様々なクマに対応しているのでオススメです♪

温めることによって血流改善が行われ、冷え予防や簡単くまケアとして普段の生活で出来る気軽な改善方法です。

マッサージ

マッサージ 青クマ
血行不良を直接的かつ短時間で改善へと導くためには、マッサージが効果的です。

目の周りなので、力をかけるマッサージではなく、さするようにするだけでも十分効果は感じられます。

目の周りを内側から外側に優しくさすってあげましょう。

また、眼精疲労がひどい場合には、眉頭を少し痛いくらいに押してあげるとより効果的です。

保湿とマッサージが同時にできるケアはコレ!

保湿 マッサージ 同時に
青クマを改善するためのお手入れとして、「保湿」と「マッサージ」を紹介しました。

保湿は普段のスキンケアで十分できそうですが、マッサージを取り入れるとなると、スキンケアのステップも増え、時間も必要になるので、続ける自信がなくなってしまいます。

そこで、保湿もマッサージも同時にできるオールインワンタイプの化粧品がおすすめになります。

さらに、オールインワンタイプには、たくさんの美容成分が配合されているため、保湿や血行促進以外のケアもできちゃいますよ♪

青クマを根本から改善出来るオールインワン!ホワイトニングリフトケアジェル

薬用ホワイトニングリフトケアジェル
価格 4.1
使用感 4.9
効果 4.8
最安値購入価格:
3,795円(税抜)
容量:
60g(約1ヶ月分)

商品詳細 公式ページ

ポイント


コラーゲン、ヒアルロン酸、シコンエキスが角層をしっかり保湿し、うるおいと透明感、ハリ感のある肌へと導きます。

また、プラセンタエキスも配合されているため、美白にも効果的です。

そして、2層構造のジェルにより、粘弾性の高いマッサージに適したテクスチャーになっています。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

まとめ

いかがでしたでしょうか?

青クマによって疲れて見えてしまう顔も、オレンジ系のコンシーラーで自然にカバーできそうですよね。

でもそれは根本的な解消ではないため、スキンケアで根本からの改善を目指しましょう。

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ