%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e6%97%a5%e7%84%bc%e3%81%91%e6%ad%a2%e3%82%81

化粧水、乳液、美容液、クリームの効果が凝縮されたオールインワンジェル。忙しくて自分の肌ケアに十分な時間をかけていられない女性には、とっても頼もしい味方ですね!

ところで、オールインワンジェルには日焼け止め(UVカット)としての機能も含まれているものがあります。

ジェルだけ使えば日焼け止めは不要?それとも、ジェルと化粧下地や日焼け止めを合わせて使うべきなのでしょうか?

今回は、ジェルに含まれる化粧下地や日焼け止め効果と、オールインワンジェルとの使い分けについて詳しくご紹介したいと思います。

オールインワンジェルにもUVカット効果がある?

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80uv%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88

オールインワンジェルにはさまざまな効果が凝縮されていますが、これひとつで全ての肌ケアができてしまうわけではありません。

特に、日焼け止め(UVカット)効果は一般的なオールインワンジェルには含まれていませんので、UVカット効果を期待する場合は、パッケージなどに「UV」という表示のあるオールインワンジェルを選ぶ必要があります。

UVカット効果は薄い?

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80uv%e3%80%80%e8%96%84%e3%81%84

オールインワンジェルには、UVカット効果のある成分が含まれているものがあります。

UVカットタイプのオールインワンジェルを使えば、日常生活の中で多少の日焼け止め効果が期待できますが、実はあまり高い効果は期待できません。

長時間紫外線にさらされるような場合や真夏の強い日差しを浴びるような場合には、日焼け止めと合わせて使うことをおすすめします。

また、UVカット効果のあるオールインワンジェルは一般的なオールインワンジェルよりも保湿効果や美容効果が低くなっているので、ちょっとだけ注意が必要です。

UVカット成分と保湿・美容成分の両立は難しい

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80uv%e3%80%80%e4%b8%a1%e7%ab%8b

日焼け止め効果のあるオールインワンジェルは、なぜ保湿効果が低くなってしまうのでしょうか?

それは、それぞれ違う目的のために作られているからです。

オールインワンジェルは肌に潤いを与えるための美容成分が肌にしっかりと浸み込み、吸収されるようにできています。

一方、日焼け止めには紫外線の成分を吸収したりはね返したりするための刺激の強い成分が含まれており、これらの成分は肌の上にとどまって効果を発揮します。

ですので、UVカット効果の強い肌に有害な成分を含むオールインワンジェルは、あまり肌に浸透しすぎないようになっています。

そして、肌に浸透するオールインワンジェルには、UVカットのための強すぎる成分を入れることができないのです。

日焼け止めと化粧下地はジェルと併用がおすすめ

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%bd%b5%e7%94%a8

UVカットと同じく、化粧下地効果のあるオールインワンジェルにもちょっと注意が必要です。

肌のくすみをカバーし、毛穴を隠してファンデーションの吸着を高めるといった効果のある化粧下地に含まれる成分は、通常、肌に吸収されることはありません。

化粧下地を使用したあとは、お化粧と一緒にクレンジングが必要になります。

日焼け止めと化粧下地は、オールインワンジェルと一体化したものではなく、できるだけ別々に使うことをおすすめします。

ジェルと日焼け止めを併用するとだまができるのはなぜ?

%e3%83%8b%e3%82%ad%e3%83%93%e3%80%80%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab

オールインワンジェルを塗って日焼け止めを使うと、だまになってポロポロ落ちてしまう!なんていう経験はありませんか?

オールインワンジェルを使うことでメイクのノリがいまいちだったり、お化粧がムラになってしまうというお悩みは、ジェルの使い方を工夫することで解決できます。

オールジェルと日焼け止め、どちらを先に塗る?

オールインワンジェルと日焼け止めのクリームなどを併用する場合は、塗る順番が大切です。

必ず、オールインワンジェルからお肌に塗っていきましょう。

オールインワンジェル  日焼け止め  化粧下地  ファンデーション

日焼け止めと化粧下地が一体になったものもあるので迷ってしまうかもしれませんが、日焼け止めと化粧下地とでは、日焼け止めを先に塗ります。

しっかり乾かすことがポイント!

オールインワンジェルの使い方で一番大切なポイントは、しっかり乾かすことです。

肌にのせたジェルが肌の奥深くに浸透し、表面がサラっと乾いてから次のケアに移りましょう。

時間がないからといってジェルが完全に乾く前に日焼け止めやファンデーションを塗ると、ムラになったりだまができる原因になってしまいます。

オールインワンジェルをできるだけ早く乾かすには?

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e6%97%a9%e3%81%8f%e4%b9%be%e3%81%8b%e3%81%99

とはいえ、朝の忙しいときにジェルがしっかり乾くまで待っていられない!

ということもありますよね。

そんなときはジェルの量を少しだけ減らしてみましょう。乾くまでの時間が短くなります。

朝少なめにオールインワンジェルを塗った日は、夜のケアでその分の量を増やせばOKです。

また、乾きが早いタイプのオールインワンジェルもあるので、朝と夜とで使い分ける方法もおすすめです。

さいごに

まとめ

日焼け止めのUVカット効果、化粧下地の効果をそれぞれ十分に発揮するには、やはり、オールインワンジェルとは分けて使用するのがおすすめです。

正しく使いわけることで、保湿とUVカットの両方の効果をしっかり実感するとができます。

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ