食べ物 栄養 美肌

「肌は内臓の鏡」といわれるほど、バランスの悪い食生活は、すぐに肌のトラブルとなってあらわれます。美肌のためにはバランスの良い食生活が大切です。

肌に栄養のある成分は何か。栄養が含まれている食べ物はどのようなものがあるのか。

肌トラブルに直接効果のある食べ物はあるのかを知って、体の内側からキレイを引き出しましょう。

どのような栄養素が肌にいい?

  • タンパク質:天然の保湿成分です。タンパク質が不足すると、ターンオーバー(新陳代謝)が正常に行われず肌は乾燥します。

    細胞間脂質(セラミド)もターンオーバーの過程でつくられます。

  • 必須脂肪酸:細胞膜の原料になります。
  • ビタミンA:肌の潤いを維持して、ターンオーバーを促す役割があります。
  • ビタミンB1:肌の脂質バランスを整えます。
  • ビタミンB2:皮脂の分泌調整を行います。
  • ビタミンC:美容ビタミンで、コラーゲンの合成にはたらき、シミを予防、ハリをアップさせます。
  • ビタミンE:血行を良くしてターンオーバーを活発化して、老化防止に役立ちます。

食べ物では何を食べたらいい?

肌 栄養
  • タンパク質:卵・牛乳・牛肉・豚肉・鶏肉・白米・豆腐・納豆・マグロ・サーモン・シジミ・きのこ類など
  • 必須脂肪酸:亜麻仁油・紅花油・くるみなど
  • ビタミンA:鶏レバー・緑黄色野菜・ウナギ・など
  • ビタミンB1:豚肉・昆布・ピーナッツ・たらこ・玄米など
  • ビタミンB2:牛レバー・豚レバー・鶏レバー・まいたけ・のりなど
  • ビタミンC:パプリカ・パセリ・ゴーヤ・イチゴ・レモン・キウイ・アセロラなど
  • ビタミンE:アーモンド・オリーブオイル・モロヘイヤ・アボガドなど

肌トラブル別の効率の良い食べ方って?

肌 食べ物

乾燥による肌荒れには

ビタミンAで肌のターンオーバーをうながして、健康的な新しい皮膚をつくりだすようにします。

ニキビや毛穴の黒ずみには

皮脂が過剰な分泌によるニキビや毛穴が開いたままの状態による毛穴の黒ずみには、ビタミンB1とビタミンB2を合わせて摂ることで、皮脂分泌を正常な状態にして、皮脂の悩みを一気に解決することができます。

ハリのある肌には

目尻や口元のシワをなくしてハリのある肌には、抗酸化作用のあるビタミンA・C・Eをバランス良く摂ることで、内側からハリのある若々しい肌に導くことができます。

⇒栄養豊富なオールインワンジェルはこれ!

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

まとめ

美肌のためには・主食(炭水化物)・主菜(肉・魚・卵・大豆食品)・副菜(野菜・海藻類・きのこ類)・乳製品・果物をバランス良く摂ることが大切です。

このように普段からバランスの良い食事を心がけていれば、肌の調子が悪くなることはないでしょう。

糖分や脂肪分の多い食事は肌の老化を招くので摂り過ぎには注意が必要です。

また、食べすぎて内臓に負担をかけたり、体を冷やす食べ物や飲み物は肌トラブルを招いて回復を遅らせます。

食生活で肌への栄養が不足していると感じたら、美容に効果のあるサプリメントで補うと良いでしょう。

肌が荒れていたら、せっかくのメイクも映えません。肌は食べ物から作られます。お肌に良い食べ物を知ってキレイになりましょう。

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ