古代 はちみつ 美容

古代エジプトやギリシャでは、はちみつを肌や髪、爪に塗ったり、はちみつとロバの乳をまぜたローションを使っていたと伝えられています。

古代から美容に使われていたはちみつには、どのような成分や効果があるのか、オススメな摂取の仕方について、健康と美容に効果のあるはちみつについてまとめました。

はちみつの種類とは?

はちみつ 

単一の花から採取されたはちみつが成分は濃厚です。

水や砂糖を配合されていない非加熱の100%天然のはちみつを選びましょう。

ラベンダーハニー

リラックス効果の高いラベンダーから作られるはちみつは、体と心のバランスを整えます。

アカシアハニー

胃腸のはたらきを整えて、便秘解消に効果があります。

マヌカ花ハニー

一般的なはちみつよりも8倍もの抗酸化力があるので、美肌づくりやアンチエイジングケアに最適です。

はちみつの美容効果・成分

はちみつ 美容成分

はちみつには、190種類ほどの栄養素が含まれています。

このことから「食べる美容液」「天然の美容液」といわれています。

はちみつの美肌パワーには7つあります。

肌がしっとり潤う

はちみつを塗ると肌にある水分を守りながら、空気中にある水分も肌に集める保水力と保湿力によって、潤いを逃すことなく肌に閉じ込めます。

エイジングケア

ビタミンやミネラルのはたらきによって、老化や酸化を抑えて若々しくみずみずしい肌に導きます。

ニキビ予防

ビタミンが抗菌・消炎のはたらきをして、皮脂分泌を調整するのでニキビや肌荒れの予防ができます。

シミ・シワのない肌をつくる

ビタミンCがメラニンの生成を抑えて美肌を維持し、シミやシワのない肌をつくりだします。

ハリ・ツヤがよみがえる

美肌成分コラーゲンの材料のアミノ酸、コラーゲン生成に欠かせないビタミンCを補充してくれます。

肌荒れを防ぐ

グルコン酸がビフィズス菌を増やして腸内環境を整え、便秘が解消されることで肌荒れのない健康的な肌になります。

ダイエットをサポートする

砂糖と比べると低カロリーなはちみつを摂取すると、すぐに体のエネルギーになり消費されやすいのでダイエットに良いはたらきかけをします。

なんと、はちみつにはこんなにも美容効果があるんです♪

⇒はちみつ成分配合のオールインワンジェルはこれ!

オススメの摂取のしかた

はちみつ おすすめ摂取
  • 寝る1時間前にはちみつを大さじ1杯程度飲んだり食べたりすることで、ダイエット効果と美肌効果があります。
  • はちみつにはビフィズス菌を増やす作用があるので、ヨーグルトにかけて食べると、より腸内環境がよくなります。
  • 快眠のためには、ホットミルクに混ぜて飲むと、神経をリラックスさせるトリプトファンを体内に吸収しやすくします。
  • 黒酢にはちみつを加えると、疲労回復やダイエットへの効果があります。
  • 洗顔フォームや化粧水に混ぜると肌はしっとりモチモチになります。
  • 顔や髪に直接塗ってパックするとしっとりします。
  • 唇にはちみつを少量ぬってラップを張り付けて数分待つと、プルプルした唇になります。

などなど、はちみつのおすすめな摂りかたを紹介♪

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

まとめ

はちみつは「食べる美容液」「天然の美容液」といわれるほど、栄養素が豊富に含まれているので、食べたり、塗ったりすることで美容に効果があります。

肌トラブルに悩む方は、はちみつの栄養を活用して、美肌づくりに努めましょう。

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ