日焼け 美白の敵
美白ケアをしたい方にとって夏の日焼けは最大の敵ですよね。しっかり日焼け止めを塗っていても知らないうちに焼けてしまっていたなんてこともあるかと思います。

完璧に日焼け対策(UVケア)をすることは難しいことなんでしょうか?そして焼けてしまった肌を元に戻す方法はあるのでしょうか?

今回は紫外線による日焼けに関する情報・紫外線対策をすべてお伝えします!

日焼け止め塗っていてもなぜ焼けるの?

そもそも日焼け止めをちゃんと塗っていてもなぜ焼けてしまうのでしょうか?

それにはいくつかの原因があります。

日焼け止めの手軽さ・使用方法が間違っている?

日焼け止め 正しい使い方

まず、最近は手軽に使える日焼け止めが増えてきたことにも原因はあります。例えばスプレーするだけのタイプは、手で伸ばさなくて良いというメリットがあります。

しかしその分ムラになりやすいというデメリットがあり、日焼け止めの効果が薄れてしまいます。

次に、日焼け止めは塗り直しが必要という点です。SPF50のように長時間効果の続くタイプでも、汗をかいたりこすれたりするとムラができます。そのため、定期的な塗り直しが必要になります。

それから、紫外線の影響はどこに出るかわかりません。例えば、顔に日焼け止めを塗っていても、手塗っていないと手に受けたUV効果が顔に出てしまう恐れもあります。

それなので、肌の出ている部分にはすべて日焼け止めを塗ることが大切です

そしてもう一つ、実は紫外線は皮膚からだけでなく、目からも吸収してしまうのです。そのため日焼け止めを塗っていても焼けてしまいます。

サングラスやUVカット効果(UV対策)のあるメガネで防ぐことがおすすめです。

「SPF」と「PA」について

肌色への影響 選ぶべき日焼け止めの種類
UV-A 黒くする PA
UV-B 赤くする SPF

ここで日焼け止めに書いてある「SPF」と「PA」について簡単に説明します。
SPFもPAも紫外線のカット率を示す値ではありますが、カットする紫外線がそれぞれ違います

私たちが浴びている紫外線には、UV-AとUV-Bが存在し、UV-Aは肌を黒く、UV-Bは肌を赤くします。そして、UV-AをカットするのがPA、UV-BをカットするのがSPFになります。

紫外線、日焼けは肌にどんな影響を及ぼすの?

日焼け 影響

紫外線によって日焼けをし美白の敵になることは理解できます。しかし具体的に肌はどのような影響を受けているのでしょう。

紫外線や日焼けによって肌が受ける影響を、それぞれ説明します。

紫外線の影響

紫外線はを浴びると肌が黒くなったり、シミができるのにはこんな理由があります。肌は上から表皮・真皮・皮下組織という構造になっています。紫外線は表皮と真皮の間に存在するメラノサイト(シミを作る工場)を刺激します。

刺激されたメラノサイトは過剰にメラニン色素を作り、それがシミとなって透明感も失われていきます。

さらに紫外線はその下の真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンを破壊します。これは肌のハリ・弾力の低下(肌トラブル)につながります。

紫外線の侵入を防ぐために日焼け止めが必要な対策方法なのです。

日焼けの影響

そもそも日焼けして肌が黒くなることは、大切な役割なんです。それは肌内部を守ることです。日を浴びると肌が赤くなってしまうことがありますよね。そのとき肌は炎症を起こしヤケドと同じ状態になっています。

さらに、紫外線は肌内部の真皮にまで到達してしまうので、それも防がなければなりません。その2つを防ぐため肌は黒くなります。

しかし肌が黒くなっている状態は、それだけ角層肥厚が進み、肌が厚くなっています。そうすると肌は乾燥しやすく、スキンケアの浸透も悪くなります

肌色を元に戻すために必要なケアとは?

やはり一番は日焼け止めをしっかり塗って、塗り直しも忘れないことが何より大切です。

しかしそれでも焼けてしまったら、どんな紫外線ケア・アフターケアが必要なのでしょうか。

1 しっかり冷やす

日焼け 冷やす
日焼け直後に肌が赤くヒリヒリしているときは、やけどの状態なのでとにかく冷やします。またスキンケア時の摩擦を軽減したいので、オールインワンゲルなど簡単にお手入れのできるタイプ人気です。

2 保湿をする

日焼け 保湿 美白
紫外線により乾燥し厚くなった肌をほぐすことから始めます。そのためには何より保湿が大切です。表皮をしっかりうるおわせ、ターンオーバーの手助けをしましょう。

また、水分だけでなく栄養分もしっかり肌に与えましょう。さらに角質肥厚の起こった肌はスキンケアの浸透が悪いので、浸透の良いものを選びましょう

3 マッサージをする

日焼け後 マッサージ 美白
乾燥し角層肥厚が起こった肌は、ターンオーバーが正常に行われていないことを表します。ターンオーバーが正常に行われないと、メラニンを含んだ細胞が蓄積され、シミが濃く・大きくなっていきます

ターンオーバーを正常化するためには、マッサージが効果的です。

ただ、日焼け直後は肌が敏感になっているので、専用のクリームでしっかりやるより、オールインワンタイプで、簡単にマッサージするケア方法が良いでしょう。

日焼けした後におすすめのオールインワンゲルは?

日焼け後は肌が敏感になっているので、いくつもアイテムを使用するよりも、オールインワンゲルで刺激を最小限におさえたケアがおすすめになります。

それではおすすめを2つ紹介します。

圧倒的な保湿力と美容成分!「メディプラスゲル」

メディプラス
価格 5.0
使用感 4.5
効果 4.6
最安値購入価格:
2,700円(税抜)
容量:
180g(約2ヶ月分)

商品詳細 公式ページ

ポイント


メディプラスゲルには62種類の美容成分が配合されていて、その中には、高濃度セラミドやヒアルロン酸といった保湿の王道の有効成分もたっぷり入っています。

さらに出雲玉造温泉を採用しているので、固く厚くなった肌にもしっかり浸透してくれます

これ1つでターンオーバー正常化!「ホワイトニングリフトケアジェル」

薬用ホワイトニングリフトケアジェル
価格 4.1
使用感 4.9
効果 4.8
最安値購入価格:
3,795円(税抜)
容量:
60g(約1ヶ月分)

商品詳細 公式ページ

ポイント


このホワイトニングリフトケアジェルは保湿成分や美白成分が豊富なだけでなく、マッサージをすることを前提に作られています

そのため、ゲルのテクスチャーは粘弾性をアップしたマッサージに適したものになっています。(医薬部外品)

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

まとめ

紫外線を浴びるとなぜ日焼けしてしまうのか、さらに日焼けだけでなくどんな影響を及ばすのかまでご理解いただけたかと思います。

そして美白には、まずは焼かない!ということが大切ですが、焼けてしまってからでも適切なスキンケアがあることがわかりましたよね。

美白のケアは、同時に乾燥対策やアンチエイジングにもつながるので、一年中心がけほしいケアです。

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ