乾燥 シワ
シワができる要因としては様々なものがありますが、一番と言っても過言ではないのが、乾燥です。

乾燥による小ジワから深いシワへと変わっていくこともあります。

そもそも乾燥によってなぜシワはできるのしょうか?今回はシワの全貌をご紹介していきます。

乾燥の要因とシワとの関係性ってどんなもの?

乾燥によってなぜシワができるのかも気になりますが、元である乾燥を引き起こす要因を理解することで、シワを作らないように気をつけることができます。

それでは乾燥の要因と、そこからなぜシワにつながるか説明します。

乾燥とターンオーバーの関係

乾燥 シワ ターンオーバー
肌は約28日周期で古い肌(角層)が垢としてはがれ、新しい肌に生まれ変わります。これをターンオーバーと言います。

このターンオーバーが正常に行われることで、肌のキメは整い、乾燥しにくい肌になります。

しかし、ターンオーバーは様々な要因で簡単に乱れてしまいます。その一つに乾燥もあります。

つまり、乾燥によってターンオーバーは乱れ、ターンオーバーの乱れによって肌は乾燥すると言う悲しい悪循環が生まれるのです。

セラミドの減少による乾燥からのシワ

セラミド 乾燥 シワ
肌は上から、表皮、真皮、皮下組織という構造になっています。そしてその表皮の中には、細胞と細胞をくっつけ、うるおいの素でもある「セラミド」が存在します。

このセラミドがあることで、肌のカサつきを抑えたり、肌内部を守ったりしています。

しかしセラミドは15歳をピークに減少の一途をたどります。そのため、年齢を重ねるごとに肌は乾燥しやすくなるのです。

また皮ムケや粉ふきといった肌トラブルもセラミド不足によるものです。

そしてこのセラミドの減少からなぜシワにつながるかを説明します。表皮の細胞はセラミドによって均一に整列しています。

しかし一部のセラミドが減少すると、その部分の肌細胞が整列を乱します。それが肌表面まで伝わり、シワとして表れます。

目元や目の下などの周りにできるしわも「表情ジワ」に当てはまります。

紫外線による乾燥からのシワ

紫外線 シワ
紫外線と聞くと日焼けのイメージが強いですが、実は紫外線は乾燥も引き起こしてしまうのです。上記でも述べたように、肌は3層構造になっています。

紫外線はその真皮にまで到達し、コラーゲンやエラスチンといった、潤いや肌のハリ・弾力の成分を破壊します

また、紫外線を浴びた肌は、紫外線の影響から肌内部を守るために、肌表面の角層を厚くします。

これを角層肥厚と言います。

角層肥厚が起こった肌(皮膚)は乾燥しやすく、さらに固くゴワつきがあるためスキンケアの浸透も悪くなる原因になります。

さらに肌のきめ細かさを左右するキメも乱れるために、シワが目立ちやすくなります。

また、直接乾燥ではありませんが、真皮のハリ・弾力成分が破壊されることも、しわにつながります。

これらのことから、乾燥によるシワは、表皮とそのターンオーバーに大きく関係があることがわかりました。

年齢によるシワと乾燥によるシワの違いって?

年齢 乾燥 シワ
乾燥によるシワについては理解いただけたかと思います。しかし、年齢によるシワとはどのような違いがあるのでしょう?

それは、シワができる要因を引き起こす場所が違います。乾燥によるシワが表皮に要因があることに対し、年齢によるシワは真皮や筋肉にも要因があります。

真皮には、上記でも述べたように、ハリ・弾力成分であるコラーゲンやエラスチンが存在します。

年齢によってこれらは減少し、表皮を支えることができなくなります。そのため小じわとは違う深いシワができてしまいます。

また、年齢・加齢によって表情筋も衰えるため、肌がたるみ、真皮ジワを引き起こします。顔の法令線がその代表的な例です。

ところで、自分のシワが乾燥によるシワか否か気になるところですよね。その判断は意外と簡単にできます。

乾燥によるシワは表皮にできるシワなので、肌が潤っている時にどうなのかチェックすれば良いのです

・乾燥によるシワの見分け方
お風呂に入っている時やスキンケア直後に気になっているシワが薄くなっていたり、消えていれば乾燥によるシワの可能性が高いです。

これからのセルフケアで改善は十分可能でしょう。ぜひチェックしてみてください。

乾燥によるシワを改善する保湿方法とは?

乾燥 保湿するには
乾燥によるシワを改善するためには、どのように保湿するのが最適か気になりますよね。

ずっと述べているように、表皮を潤わせターンオーバーが正常に行われるように対策することがポイントです。

そのため、ただ化粧水をやクリームをたくさんつけるだけの基礎化粧品による肌対策では効果が薄いです。

与えた水分や栄養が表皮から蒸発せずに、肌内部(角質・角質層)に留まってくれるようなケアが大切です

そんなケアに最適なのがオールインワンゲル化粧品です。

オールインワンゲルには美容成分も豊富に配合されている上、その成分やうるおいが蒸発しないように作られています。

また、シワは摩擦によって深くなってしまう恐れもあるので、オールインワンゲルで一度にケアできる方が肌への摩擦が少なくて済みます

乾燥によるシワにおすすめなオールインワンゲルってあるの?

それではおすすめのオールインワンゲルを2つご紹介します。

圧倒的な保湿力で乾燥知らずの肌へ!「メディプラスゲル」

メディプラス
価格 5.0
使用感 4.5
効果 4.6
最安値購入価格:
2,700円(税抜)
容量:
180g(約2ヶ月分)

商品詳細 公式ページ

ポイント


ますメディプラスゲルには62種類というたくさんの美容成分が配合されています。

そしてその中には、年齢によって減少するセラミドが配合されており、自ら潤いを作り出せる肌作りの手助けをしてくれます。

さらにコラーゲン・プラセンタがシワに直接アプローチしてくれます。
また、出雲玉造温泉配合により、乾燥で固くなった肌にも浸透しやすくなります

独自の構造・成分で保湿スキンケア!「ビトアス」

ビトアス
価格 3.0
使用感 4.5
効果 5.0
最安値購入価格:
7,649円(税抜)
容量:
120g(約2ヶ月分)

商品詳細 公式ページ

ポイント


ビトアスは独自の構造に特徴があります。

化粧水・美容液・クリームをただ混ぜた構造ではなく、WOW構造(水相の中に油相、その油相の中に水相という構造)により、3ステップでスキンケアをしたときのような肌実感を味わえます。

また、美容成分として、ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド配合で、乾燥を改善し、シワにも直接アプローチしてくれます

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

まとめ

いかがでしたでしょうか?シワはシワと思っていても、年齢ジワと乾燥ジワはお手入れ方法が違ってきます。

また、乾燥ジワだと思って放っておくと、深いシワに変わってしまうこともあります。

改善しやすい乾燥ジワのうちに正しい保湿・しわ対策で、撃退・解消しておきましょう。

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ