ほうれい線 たるみ
年齢よりも老けて見える要因にもなるほうれい線ですが、「これさえ消えてくれればなぁ」と思っている女性の方、多いはずです。

しかし引っ張ってみても、吊り上げてみるなど、色々な対策法を試してもなかなか消えてくれないですよね。

そこで今回は気になるシワやほうれい線を解消できるマッサージ方法をご紹介します。

ほうれい線って詳しくどんなものなの?

まずは、ほうれい線がどんなもので、何が原因なのか、ほうれい線についての基本知識から確認していきましょう。

基本知識を知ることで、ほうれい線を予防・作らせないように生活の中で注意できますよ。

ほうれい線とは?

ほうれい線 どれ
ほうれい線を知らない方もいるとは思いますが、ほうれい線とは、小鼻の横から口元・口角の横に向かってできるシワのことです

30代前後のお肌の曲がり角と共に気になり始めますが、最近ではもっと若い世代でも気になる悩みのようです。

見た目年齢にも大きく影響を及ぼします。

ほうれい線の主な原因とは?

ほうれい線の主な原因はたるみです。肌が加齢や生活環境によってたるんでいくことで、ほうれい線は深く長くなっていきます。

そしてそのたるみには大きく分けて3つの原因があります。

ハリ・弾力の低下

ハリ・弾力の低下
肌の中には、ハリ・弾力を担う成分として、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などが存在します。

これらが肌を持ち上げているのですが、加齢により減少、紫外線により破壊されてしまいます。

表情筋の衰え

表情筋の衰え
顔の中にはたくさんの筋肉があり、それによって表情を作ることができます。その表情筋が衰えることで肌が重力に負けてしまい、たるみにつながります。

あまり顔を動かさなかったり、柔らかい物ばかり食べていると表情筋は衰えます。そしてほうれい線は特に、頬筋、口輪筋が関係してきます。

皮下脂肪の増減

皮下脂肪の増減 ほうれい線
脂肪が急激に増えることで、肌は重さに耐え切れずたるみます。逆に、急激なダイエットによっても、脂肪で伸ばされていた皮膚が余り、たるみにつながります。

ほうれい線の対策とは?

上記の原因を生まないようなケアができれば、たるまず、ほうれい線もできにくいことになります。

紫外線対策

ほうれい線対策 紫外線
まず、紫外線対策として、毎日しっかり日焼け止めをつけましょう。冬の紫外線量が少ない時期もです!

運動やマッサージ

ほうれい線対策 運動
そして、意識して顔の筋肉を動かすような運動やマッサージもおすすめなケア方法です。

体重維持・スキンケア

ほうれい線対策 スキンケア
それから、肌のためにも体重維持は大切です。そして、加齢で減少してしまうハリ・弾力成分はスキンケアで補っていきましょう。

シワ、たるみ解消向けマッサージを紹介!

シワ・たるみ向けマッサージ
まず、マッサージそのものの効果から簡単に説明します。肌は軽くさするだけでも血行は促進され、栄養を肌全体に届ける手助けになります。

さらに、肌内部の筋肉をほぐすことで、普段使わない部分の表情筋まで動かすことができます。

それでは、そんな効果的なマッサージはどのように行えば良いのでしょうか?

マッサージの手順とポイント

ほうれい線対策 マッサージのコツ

  1. 顔全体にクリームやジェルを伸ばす
  2.  ※手の滑りが悪いと肌への負担になるので、しっかり伸ばしましょう。量はさくらんぼ粒大です。

  3. 頬を持ち上げるように円を描く
  4.  ※手のひらを頬にフィットさせ、外周りに円を描きます。肌をこするのではなく、筋肉を持ち上げるイメージです。

  5. 口周りをほぐす
  6.  ※あごの方から鼻の下に向かって左右同時に、口輪筋をほぐす気持ちで行います。口角を持ち上げるようにしましょう。

  7. 頬筋をほぐす
  8.  ※頬の筋肉をよりほぐします。指先を使って、顎先から耳たぶ→口角から耳の前→小鼻横からこめかみ(側頭部)の順に、小さな円を描きながらほぐします。

  9. 額を引き上げる
  10.  ※手のひらを額にフィットさせ、眉から生え際に向かって引き上げます。

http://www.skincare-univ.com/article/000037/ (表情筋の絵
このような手順で行います。

常に筋肉を動かしているということと、心臓の早さに合わせるということを意識しましょう。

マッサージに最適なスキンケアアイテムはこれ♪

ほうれい線対策 スキンケアアイテム
マッサージと聞くと、専用のクリームやジェルを使わないといけないように思ってしまいますよね。

しかしそれでは、わざわざ買うのが面倒だったり、毎日のスキンケアにマッサージの時間を入れることも忙しくて忘れてしまいがちです

しかも、シワやたるみが気になるのに、マッサージでも肌をさわり、他のスキンケアでも肌にさわるのは、なんだか悪化してしまいそうで抵抗があります。

そこでオールインワンゲルがおすすめになります。

栄養もしっかり与えながら、肌にふれる回数も減り、マッサージまでできたら毎日続けられそうですよね。

ここでおすすめのオールインワンゲル化粧品を1つ紹介します。

リフトアップ、乾燥対策、美白まで幅広く効果を発揮!「ホワイトニングリフトケアジェル」

薬用ホワイトニングリフトケアジェル
価格 4.1
使用感 4.9
効果 4.8
最安値購入価格:
3,795円(税抜)
容量:
60g(約1ヶ月分)

商品詳細 公式ページ

ポイント

  • 美容成分ジェルとマッサージジェルの2層構造で、マッサージに適したテクスチャー
  • コラーゲン・シコンエキス配合で肌をしっかりうるおわせ、乾燥によるシワも防ぐ
  • プラセンタ・サクラ葉抽出液も配合なので、シミにも効果を発揮

毎日のケアでリフトアップ、乾燥対策、美白までできるなんて一石三鳥ですよね!

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%ab%e3%80%80%e4%ba%ba%e6%b0%97%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0-%e5%8f%a3%e3%82%b3%e3%83%9f

まとめ

シワ・たるみの原因を詳しく理解することで、普段の生活の中でも生活習慣の意識を改善することができると思います。

その上、オールインワンゲルで手軽にツボを押さえたマッサージまでできれば、もうシワ・たるみなんて怖くありません。

ぜひ毎日のケアの中でエクササイズとして実践してみてください。

<<年代別おすすめオールインワンジェル>>

20代向け 30代向け
40代向け 50代向け

<<症状別おすすめオールインワンジェル>>

美白向け 毛穴
くすみ しわ